前回に続き、お肌の老化の原因について、
今回は、糖化と酸化についてのお話です。

〇酸化

  鉄が酸化するとサビますよね。
  切ったリンゴは時間がたつと茶色くなります。これも酸化です。
  それと同じ。
  人が呼吸して取り込んだ酸素の一部が活性酸素になって細胞にダメージを与えます。
  また、ストレスや紫外線、大気汚染、喫煙、飲酒、によっても活性酸素が発生します。
  エイジングケアが語られるとき、「抗酸化」というワードをよく耳にしますね。
  抗酸化物質を摂取することも老化予防に期待できます。  

〇糖化

  タンパク質が糖により変性することで老化の引き金になるということがわかっています。
  表皮が糖化することで黄ぐすみがでてきます。
  また、コラーゲンの糖化により、弾力がが低下、肌老化を促進させます。
  血糖値が高いと糖化しやすくなります。
  炭水化物のドカ食いや甘いものの摂りすぎは肌に大敵!
  スイーツ女子にはとても残念ですね。

6、生活環境

  睡眠や運動、ストレス、腸内環境。
  いろいろありますが、毎日の生活環境を整えることで、身体が健康になります。
  健康⇒代謝がよい⇒肌のターンオーバーも良好、っていうことです。

さて、皆さん自分が何を改善したらいいか、少しわかってきましたか?
自分の習慣を見直すことで、予防やケアの方向がなんとなく見えてきますよね。

人生100年時代、、いつまでも健康で若々しく活動できることは永遠のテーマです。
美肌を保つことも一つの大きな財産になることは間違いないでしょう。